• English
  • 日本語
  • 한국어
  • Tiếng Việt
  • 简体中文
  • 繁體中文

七夕の日(2022年7月7日)

みなさん、

年に一度しか会えない織姫(おりひめ)と(ひこぼし)の伝説を覚えていますか?

織姫と彦星ってどこにある? - KidsDo MaMa PLUS

明日は7月7日で、やっと二人が再開できる日になります。

1年はあっという間ですね!

去年、エール学園のブログに七夕伝説の由来や短冊に願いことを書く習慣などについて記事を掲載したので、関心を持つ人はぜひそれをお読みくださいね。

こちらです:https://blog.ehle.ac.jp/?p=788&fbclid=IwAR1drM6SFHN_8nhRPyDJ7Z44ogo6dy-s5VH-ffdulQrMeJdLSuJQyv9Xx_s

 

さて、今日は大阪で開催される七夕祭りについてご紹介します。

LEDで幻想的に 防府天満宮で七夕まつり | 毎日新聞

 

毎年、7月7日を迎える七夕祭りは全国で行われています。

今年(2022年)はまだコロナの影響があるため、中止されるところも多いそうですが、

大阪天満宮で実施される天満天神七夕祭(てんまてんじんたなばたまつり)が予定通り開催されます。

七夕の定番である竹や笹への短冊飾りはもちろんのこと、茅の輪(ちのわ)くぐりはこのイベントの注目になります。

「茅の輪」とは、チガヤという草を束ねて作った大きな輪のことです。この輪をくぐると、災いなど悪いことを避けることができると言われています。

短冊持って 茅の輪くぐり 小松・本折日吉神社で七夕祭:北陸中日新聞Web

天満宮の内側に7つの茅の輪が設置されます。各々に下記の願意が込められています。

それぞれ輪をくぐると、祈願が叶うと信じられています。

・「恋愛成就」(れんあいじょうじゅ):恋愛がうまく行って、幸せになる

・「学徳向上」(がくとくこうじょう):勉強が上手になり、良い人になる

・「心身健康」(しんしんけんこう):心と体ともに健康になる

・「商売繁盛」(しょうばいはんじょう):経営の人は、うまく販売できる

・「厄除」(やくよけ):悪いことが寄ってこない

・「交通安全」(こうつうあんぜん):事故を起こさず安心できる

・「家内安全」(かないあんぜん):家族全員が安全で、健康に過ごせる

みなさんはどの輪をくぐりたいですか。時間があったら是非覗いてみてくださいね。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。