五月病(MAY BLUES)

五月病ってどんな病気?

日本で言う「五月病」とは、学校や職場で4月に新たな生活がスタートして、新生活に慣れようと無理をしてしまうことで、知らず知らずのうちにストレスがたまり、軽いうつ的な気分に見舞われる症状のことです。

また、5月の連休後、なんだか体調が悪い、会社に行きたくないなど、日常に戻るバランスがうまく取れないなどが原因の場合もあります。

五月病の様々な症状

「今まで楽にできていたことができなくなった」「大好きだった趣味に興味が持てなくなった」「常に漠然とした不安があり落ち着かない」「疲れやすい」「不安や焦りがひどい」。つまり、精神的な症状が多いです。また、胃痛や食欲不振、頭痛、めまい、不眠などが起こることもあります。

どうやって五月病を防ぐ?

現代の生活には「ストレスは必ずあるもの」と認識しましょう。そこでストレスと上手に付き合うことが大事です。

まず、自分自身を大切にすることです。 そのために、十分な睡眠をとる、よく運動をする、趣味を楽しむなど、毎日のルーティンを作りましょう。

また、もし悩み事があったら、一人で抱え込まずに、日頃から上司、同僚、家族、友達など身近な人に相談するようにしましょう。

もし、相談する身近な人がいない場合、心理カウンセラーに相談しましょう。五月病、すなわちうつ病があるのは決して恥ずかしいことではありません。心や精神の健康を保つことで、勉強や仕事を進める活力になります。

みなさんが元気で仕事や学校に戻りますように。((´∀`))

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です